命と向き合う

これは私の独り言。。。

これはうちの猫の命の話。

我が家のオス猫、17歳。

こんな書き方をすると誤解されそうだけど、

命の炎が消えそうで消えません。

食べて、寝て、起きて、移動して、出して。

必死になって、日常をこなそうとしています。

疲れたとか、痛いとか、ダルイとか、そんなこと一言も言わず、

淡々とこなそうとしています。

でもその気力とは裏腹に、筋肉が内臓が急速に衰えて。

体はボロボロなのに、気持ちで体を無理やり動かそうとしている。

それは生に対する執着なのか、

それとも生き物は本来そういうものなのか。

でも、もう肉体のほとんどが、まともに動かない。動いてない。

痛み、苦しみ、不快感は無いのだろうか。

肉体は滅んでも魂は生き続けるから大丈夫。

次の肉体が見つかるまで、いつでも来れるから大丈夫。

本日、軽く胸騒ぎ。

安らかに、穏やかに、眠るように。ただ、祈る。

ガリガリの老猫を寝姿を見ながら。