個人の感情と つながる(3)

先日 知人の Pさんが
「最近 嫌なことが立て続けに 色々ありすぎて。。。」
と ぼやいていました。

その帰り、Pさんのことを考えていたら、
あらら、また、感情がつながっちゃいました。

その感情は『怒り』というより『憤り』。

それはまるで、
静かに静かに 移動しながら
静かに静かに 周囲の物を焼き尽くしていく
黒いマグマのよう。。。

ズーンと重く、そして物凄く強いエネルギー。
一体どうして こんなにも。。。

憤り以外にも何か伝わってくる。。。

でも
それを表現する言葉がなかなか出てこない。

(この感覚は私の中には無い感覚。
だから、どう表現したら良いのか分からないんだわ。)

思い浮かぶ言葉を 次々と当てはめてみる。。。

それは、『お願いだから認めて!』

「あなたがいて助かったわ」と感謝されることで
認められていると感じることができる。

※ 引用元:花子の筆文字屋

認めてもらえることで承認されていると思えて
承認されていることで
自分はここにいていいんだと安心できる。

それなのに
その気持ちがなかなか満たされなくて
凄く不安で寂しくて、
寂しさ転じて イライラ イライラ。

そして
感謝されたくて一生懸命頑張っているのに、
なかなか感謝してもらえなくて落ち込む感情。

更に
こんなに頑張っているのに
感謝という気持ちを表現して私を認めてくれない
周囲へのやり場のない 静かな怒り。

で、更に頑張って行動して
それでも、感謝を表明してくれなくて。

あぁ、これは 怒りのスパイラル~。。。

それの怒りが マグマのようになって
流れ出ている感じ。

この感情を表現する言葉を探すために
Pさんのその感情とじっくりじっくり向き合っていたら、
胸が絞られているみたいに痛くなり。。。

今ブログを書きながら思い出しただけで、
胸が痛くなる。。。

それほどまでに、憤り の強いエネルギー。

感情は本人の意思に関らず外へと放たれて、
放たれたエネルギーに似たエネルギーが
寄ってきます。

ポジティブなエネルギーであれば
ポジティブなエネルギーが、

ネガティブなエネルギーであれば、
ネガティブなエネルギーが、寄ってきます。

放たれたエネルギーは
物や人の体や心にも伝わりますが、
跳ね返って本人にも伝わります。

エネルギーが上向きであれば より上向きに
下向きであれば より下向きに
影響が出てきます。

胸が痛くなるほどのこの思い。
その影響はいかばかりか。

きっと、きっかけとなる出来事が
過去にあったのだと思います。

それが何か、は分かりませんが。。。

こういう時、
ヒーリングが心や魂の傷を癒し、
その感情を軽くしていくことができるのですが、

それには、本人自らの意思で
ヒーリングエネルギーを受け入れる回路を
開く必要があります。

こちらからしゃしゃり出ていって
いきなり説明したら驚いて 胡散臭く感じて
回路はより強固に閉ざされて
それっきりになってしまうでしょう。

これは、本人が「どうにかしたい」と思って
行動しない限り、誰も何もできないのです。

先日観た映画
「ファンタスティックビーストと
魔法使いの旅」を思い出しました。

これはまるであんな感じ。

ひょっとしたら、時々どこかで噴火しているのかも。

早くこの感情サイクルに気付いて、
早くこの感情から解放されることを願うばかりです。