(映画)ローマ法王の休日

DVD借りに行ったら、目に入ったのが 「ローマ法王の休日」。

新作のシールが貼ってありました。

レンタル料金は新作だと¥380-、旧作だと¥100-(笑)。

通常、新作DVDは借りません。だって、値段4倍だもん(今観なくても生きてけるさ!)(笑)

例外的に新作を借りたのは、最近だとハリーポッターとアバターかな(笑)。

そんな私が、新作料金で 「ローマ法王の休日」を借りてきました。

51ru5ikj6nl_sl500_aa300_

DVDの裏の説明書きを読んで、

思いっきりのパロディー映画かと思ったけど、観たらちょっと違ったな。

ハリーやアバター並みの感動を期待しちゃ行けなかったね。

旧作価格になるまで待っても良かったかも(笑)。

でもね、借りた時期が時期だけに、前半とエンディングは引き込まれましたね。

このDVDを借りたのは、教皇ベネディクト16世が退位を発表された(2月11日)後の

2月16日でしたから、「次回のコンクラーベが もし こんなだったら...」

「実際、どうなんだろう。どこかの国の政治家みたいだったりして」って想像して、

楽しめました。

ちなみに、教皇ベネディクト16世は2月28日で退位され、今は教皇不在。

次回のコンクラーベは、規定が変更されて今までより早く開催されるようです。

映画のコンクラーベのシーンはまさしく「根比べ」でした(笑)。

パルムドールを受賞したナンニ・モレッティが監督した作品ですから、

観る人が見れば、良い映画なのかも。