産土神社に参拝

7月に天河神社に参拝した際、天河神社の柿坂宮司から、「産土神社を大切に」というメッセージをいただき、産土神社を調べてみました。

産土神社(うぶすな じんじゃ)とは 「出生地の神社」のこと。

けれど、産土神社は 「出生地の一之宮」という話もあります。

Omiyamairi

私の出生地は東京都江戸川区松島。

東京都は、その昔、武蔵野国と呼ばれていた範囲の一地域です。

調べてみると、武蔵国一之宮は、

・ 府中市にある小野神社

・ 埼玉県の大宮に氷川神社

両説あり、どちらが一之宮なのかはっきりしません。

それに、東京都江戸川区の産土神社が府中・大宮どちらであっても、私にはしっくりしません。

だって、江戸川区からは 千葉県の方が近いですから、昔風に言うなら 下総国(しもうさのくに)の 一之宮の方がしっくりきます。

そこで、出生地である『東京都江戸川区松島 』 をキーワードに神社を調べ、お祭りの時氏子町になりそうな神社を選んで参拝することにしました。

選んだのは、

・ 小松川香取神社

・ 新小岩厄除香取神社(間々井宮)

・ 八坂神社

・ 於玉稲荷神社(おたま いなりじんじゃ)

・ 本一色天祖神社(もといっしき てんそじんじゃ)

の 5社。

八坂神社は小さいけれど、私がスサノオノミコトとのご縁が深いので、選びました。

朝目覚めたらガイドさんに 「(今日)行けー!行けー!」と言われているような気がして、10/13(土)に巡拝してきました。

それぞれの神社の様子は、いずれ ブログに書きたいと思います。