東京 大塚にある おにぎり 『ぼんご』

あれは約19年前。
東京の大塚に、美味しいおにぎり屋があると聞いて
大塚に行ったついでに
2回ぐらい探したことがありました。

でも見つけられなくて
代わりにハンバーガー屋で
ランチを食べて帰りました。

そんな事をすっかり忘れていた
今年のある日。

大塚の駅前を歩いていて
偶然発見したのが
そのおにぎり屋でした。

店の名は『ぼんご』。

ほぼ満席もカウンターに滑り込むように案内されて
みんなが食べている おにぎりの大きさに戸惑いつつ
とりあえず、1個、注文。

出てきたおにぎりのその大きさに驚き
その美味しさに驚き、

1個でお腹いっぱいになったけど
もっと食べたくて追加注文して
久しぶりに胃がぽっこり飛び出すほど
お腹いっぱい食べて
感動して興奮して 家路につきました。

今日は デジカメを用意して準備万端。
今年に入って 3回目の訪問 です(^_^)

メニューは おにぎり、みそ汁、お新香 のみ の
シンプルな構成。

しかし
おにぎりの 具の種類が 55種類 もあるから
なかなか注文が決まらなくて、さぁ大変!(笑)

更に、追加料金で
具のトッピング(ダブル載せ)もできるので
理論上 55×54 通り 具の組み合わせ が可能で
何を食べようか、どの組み合わせがおいしいか
注文するまでに時間がかかって掛って
優柔不断な人にはとても悩ましく
楽しい時間となります(笑)

今回行ったのは月曜日。

■月曜日限定、お得なキャンペーン■
★2個セットメニュー!
¥250-のおにぎり2個+とうふ汁
通常¥670-のところ
¥570-(税込) ¥100-のお得!
+¥100-でなめこ汁セットに変更できます。

というのをやっていたので、それに乗じて
おにぎり2個(高菜と明太子)とみそ汁を注文

暫く待って


じゃーん! 来ました!
みそ汁のお椀と比較すると おにぎりが 大きいことが分かります♪

でもね、ここのおにぎりは
ギュッ ギュッ って握っていなくて
お米の粒を ふんわりと寄せ集めるようにして成形されているので
見た目ほど量は無いんです。

といいつつも、女性だったら
1個食べれば 空腹が満たされる十分な量、ではあります。

でも、おいしいので
つい2個以上食べてしまうお味で、
追加オーダーするなり、最初から頼むなりして
通常、女性は2個、男性は3個食べて
帰っていきます。


※ これは高菜♪

具は均等に平らにタップリ入っていて
お米も美味しくて、本当に最高!


※ これは、明太子♪

約30年前。バブルの頃。
代官山におにぎり屋ができて
珍しい~とマスコミが何度も取り上げていましたが

このお店はそれより古く、今年で 創業55年!
私が生まれる前に開業したお店です。

セブンイレブンができ
おにぎりが売られるようになった時
「おにぎりなんか買う人、いないでしょ」と
みんなが馬鹿にしていた時代よりはるか昔の 昭和35年 に開業。

東京オリンピックの4年前 から営んでいる
人気のお店。人気が無ければ、ここまでは続かない。
現在は2代目が、握っています。

たかが、おにぎり。されど、おにぎり。

最近はデパ地下にも、魚沼産コシヒカリを使った
高級おにぎりが売っていたりしますが、

それよりも ずーっとずーっと
何倍、何十倍もおいしいおにぎりです。

来店客の4割~5割が 店で食べずに
持ち帰りを希望する。
それでも店内はほぼ満席のお店です。

もし、池袋に行く機会があれば、
一駅 足を延ばして、立ち寄る価値のある
お店です(ハハっ、言いきっちゃった:笑)。

もし、ぼんごのおにぎりを食べてしまったら、
その後はコンビニのおにぎりが
食べられなくなってしまうかも、です(笑)

4月3日、4日にTVで紹介されるそうです。

暫くは混むかもしれませんネ (^_-)-☆

■おにぎり 『ぼんご』
https://www.onigiribongo.info/

■おすすめメニュー
https://www.onigiribongo.info/オススメ/

■アクセス ⇒ google Map

■補足


ここに書かれていませんが、月曜日は終日 2個とうふセット3個とうふセット が オーダー出来ます。(月曜以外は、22時~閉店までしか、オーダーすることができません。)