武甲山に登る(1:上り編)

山ガールではありませんが、

5月18日に秩父にある武甲山に登ってきました (^^♪。

前々から気になっていましたが、2,3日前から無性に行きたくなって(笑)。

三峯神社奥宮に行くために買った登山靴などが役に立ちました。

■ タクシーに乗って第一鳥居まで

武甲山は古くからの信仰の山なので参道があり、参道=登山道になっています。

秩父鉄道のハイキングマップによりますと、

武甲山の登山ルートは、「横瀬駅~一の鳥居~山頂~浦山口駅」 で、
全歩行距離 14.9km/歩行時間 6時間20分

となっています。

一の鳥居(=登山道入口)へ行くには、
1.最寄りの駅である 横瀬駅から 約2時間歩く。
2.自家用車で行く。
3.西武秩父駅から タクシーで行く。
(横瀬駅付近ではタクシーは拾えないので)
この3つから選びます。

うちには自家用車は無いので、論外。

タクシーで行った場合、幾らかかるのか分かりません(笑)。
徒歩で行くと、本格登山前に 体力の 3分の1を使うことになります(笑)。
それに、石灰を積んだ大型ダンプカーが往来する道を歩くことになります。
(武甲山,セメント会社,石灰,ダンプカーの話は有名な話なので、省きます)

タクシーも徒歩も、私にとって不安です。どちらも勇気がいる選択。

下山途中で バテて動けなってしまうことだけは避けねばなりません。
で、タクシーを選択。体力温存を選びました。

タクシー代は¥2,690-(乗車時間15分)でした。
高いですが、仕方ありませんね。

ちなみに、タクシーで移動中、
登山道ですれ違った車は6台で全部 大型ダンプカーでした。

登山客は50~60代の6人くらいの2組と、
30代くらいの2人組み、計3組でした。

※補足
1.地図で見ると、西武秩父駅より秩父駅の方が近いですね。
秩父駅前にもタクシー乗り場があり、タクシーが待機してます。

2.浦山口駅から出発して下山後一の鳥居近辺でタクシーを拾う
ことはできません。電話をして、秩父駅辺りから迎車で来てもらうしか
ないでしょう。

■ 一の鳥居

一の鳥居の中は駐車場になっており、そこでタクシーを下車。
Img_4273

一の鳥居の前にいる狛犬さまは、三峯神社や宝登山神社と同じく、
狼のような山犬の狛犬さま。ちょっとひょうきんな雰囲気も漂いつつ...(笑)。

一の鳥居の奥の駐車場は車 20台位 40台弱が駐車できそうですが、
この日は満車。それどころかここに駐車できない車が
手前の道路に路駐の長~い長~い長~い列を作っていました。

いや~、武甲山登山って人気なんですねー。知らなかったぁ~。

Img_4279

登山届をしっかり投函して、いざ出発!熊が出るみたいですね...

Img_4280


丁目石

Img_4283

一の鳥居~山頂まで、参道沿いに丁目石が立っています。

すべての丁目石が残っているわけではありませんが、要所要所に立っています。
昔々の名残ですね。
wikipediaによると、一丁は 約109.09メートルだそうです。


熊 注意

Img_4285

ここでも、「熊注意」 なんですね。秩父には 熊さんが結構生息しているのですね。

そういえば、熊鈴を付けている登山客が沢山いました。
熊鈴を着けるのは、登山のマナーなのかもしれませんね。
ラジオから音を流して、熊鈴代わりにしていた人もいました。
できることなら、「熊鈴にしてほしい」 と思った私でした。
無ければ 仕方がないですけどね

急坂
Img_4287

歩き始めて早々、この急坂です。これが暫く続きます。

武甲山登山を甘く見ていたのか、中年男性が道端にヘタリ混んで
道行く人に愚痴っていました。

「こんなのが続くの?もう やんなっちゃったよ」って(笑)。
私も、先行きに少々不安を感じつつ、60代御夫婦の後に着いて
えっさおっさと登ります (汗)。


坂の途中の看板

Img_4289

ここを左に曲がり、シラジクボ経由で頂上に行くルートもあるようですが
遠回りになるので、今回は真っすぐ進みます。


まだ 5分の1 !

Img_4290_

登り坂をひたすら歩き続け約25分。そこで見つけた看板には、
「大杉の広場まで約50分」とあります。

ってことは、まだ、3分の1 5分の1しか登っていないってこと??えぇ!!
いやー、もう登りたくないんですけど(笑)。そんな気分です(笑)。

平らな場所
Img_4291

上り坂では気力・体力共に写真を撮るゆとりなしデス(笑)。
「そこに坂がある限り、ただ黙々と前傾姿勢で急な斜面を登るべし」そんな感じ(笑)。
造作物が目に入ると 息抜きがてらに立ち止まって写真撮影。
それの繰り返し。。。

十八丁目の水場
Img_4292

天然の湧水。水をペットボトルに注ぐ人、手で飲む人有り。

比較的緩やかな坂道
Img_4294

比較的開けた山道
Img_4295

新旧並ぶ 丁目石
Img_4296


Img_4297

参道途中に 祠がありましたので立ち止まり、私と皆様の無事な下山を
祈願しました。 神頼みしたくなる心境です。武甲山はハードだ。。。

登ってきた坂を振り返るとこんな感じ。
Img_4298
休みなく上り坂が続き、思わず立ち止まって、撮影。
登山ってこんな感じなのかしら?ハードです(笑)。

■ 大杉の広場

突然、視界が開けて、目に入った看板は。。。


お迎え看板

Img_4299
この看板、誰が立ててくださったのでしょうか。
ユーモラスなイラストと共にお迎えしてくれました(笑)。

心への一服の清涼剤となりました。


ここが大杉の広場

Img_4305
ここまで約1時間半。ほとんどが登り坂で(笑)。
平らな所に来れて、嬉しいのなんの(笑)。

ここで皆さん、丸太や切り株に座り、お菓子など食べながら、
少し長めの休憩を取っていきます。
私も持参した m&mチョコレート,ハーベストビスケットでカロリー補給。
約20分間、かなり長めの休憩を取りました。

大杉の広場の先に広がる登山道。。。上り坂だー

Img_4311
ここから 約60分歩きます。
登山とはこういうものなのか。それとも武甲山がハードなのか。。。


石灰岩?

Img_4315

この辺りから大きな石がごろごろ。

実は今回の登山はこの石灰岩のエネルギーに触れることも
目当てでありまして。 この時は石灰岩のエネルギー感がまったく分かりませんでしたが、浦山口駅側に下山することで理解できたのでありました。


四十四丁目石

Img_4317

石の後ろの斜面を見てくださいな。30度かな、35度かな?
そんな斜面を上ってきました。

ところで私、 4という数字が好きなんです。本日最初に撮影したのは四丁目石。
三十四丁目石もありました。そして四十四丁目。
なんだかとっても嬉しいのです。


お名前は?

四十四丁目あたりの斜面に沢山咲いていた花々。まさに 花に癒され活力アップ。

Img_4320
こちらはイチゴっぽいお花と葉っぱ。なんというお名前でしょうか。
(調べました。ニリンソウのようです。)

Img_4322
君はスミレのお仲間ですか?
(調べました。タチツボスミレのようです。)

Img_4324

黄色いお花が素敵ですね。あなたのお名前は?
(調べました。ミツバツチグリのようです。)

大杉の広場から何分くらい歩いたでしょうか。
目の前の細い急坂をお婆様御一行が下ってきます。
紛れるようにお爺様もチラホラ。皆さん、お元気。

私、体力的に完全に負けています(笑)。
よほど疲れた顔をしていたのでしょう。 最後尾のお爺様が、
「この坂の上の開けたところが頂上だから がんばって」と声をかけて
応援してくださいました。 ありがとうございます。

で、見上げた景色がこちらの写真。がんばろ。。。
Img_4325

ここが山頂?
Img_4326

ここは山頂手前の広場で、みなさん思い思いの場所で お仲間と
ご飯を食べていました。ここまで 約2時間10分掛りました。やっと着いたね。

ブログも長くなりすぎましたので、山頂の様子は別記事にいたします。

ありがとうございます。

武甲山に登る(2:御嶽神社へ参拝) に続きます。