箭弓稲荷神社に行ってきた

7月頃から、あるきっかけで 神社参拝行脚をしています。

時間が無くてブログに書けていませんでしたが、印象に残っていることを備忘録程度に、順不同で書いておきます。

その第1弾は、箭弓稲荷神社(やきゅう いなり じんじゃ)です。初めての参拝です。

お稲荷さんは苦手

今回の参拝は、神社からの軽いお招きあっての参拝なのですが、実は、私、お稲荷さんの空気感が苦手です。

お稲荷さんの鳥居をくぐると、ズッドーンと重たい空気感のお稲荷が多くてね。

その空気感が苦手なんです。その重た~い空気感を感じると、すぐに体調も悪くなりますしね。

それから、あの、お稲荷さん特有の赤い鳥居がずら―ッと並んでいる光景も、あまり好きではありません。

理由はよくわかりませんが、あの赤い鳥居たちの下をくぐりたいという気にはならないのです。

でも、おキツネ様が怖いとかいう感覚は、まったく ありません。

詳しくは書きませんが、この重たい空気感の主は、お稲荷さんの主祭神である宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)や、その御眷属である おキツネ様ではありません。

お稲荷さんの場合、重たい空気感の奥に、宇迦之御魂神やおキツネ様がおられるようなのですが、その宇迦之御魂神やおキツネ様の空気感を感じるうんぬん以前に、手前に重たい空気感が立ちはだかる感じで、なかなかたどり着けません。

そんなこんなで、つい腰が引けてしまいがちな お稲荷さんに今日、ドキドキの参拝です (^^;

箭弓稲荷神社

野球神社!?

”箭弓”と書いて ”やきゅう”と読みます。Googleで『野球神社』で検索すると『箭弓稲荷神社』が表示されて(!?)びっくりなのですが、野球とは本来関係のない、平安時代の頃からある神社です(^^;

箭弓とは、矢と弓のこと。もともとは、野久稲荷神社 と書いたそうですが、この神社で箭(矢)の形をした白雲を見て敵陣に攻め入った武将が勝利を収め、社殿の建て替えを寄進するとともに、名を 箭弓稲荷 とするように命じて、今に至るそうです。

箭弓稲荷神社、両部鳥居

写真だと分かりずらいですが、箭弓稲荷神社の鳥居は、両部鳥居です。

両部鳥居の由来は、仏教の真言宗で 空海さんの密教です。更に 修験も。

神仏習合の名残です。

箭弓稲荷神社の空気感

今から苦手なお稲荷さん系の本社に参拝するので、ちょっ警戒しながら少し緊張しながら鳥居をくぐります。

んん? 全然大丈夫。フツーに神社です(笑)。

赤い鳥居がずら―ッ、も無いしね。

ぜんぜん、オッケー(^^♪

箭弓稲荷神社 額

拝殿には、名に所縁の矢と弓、隅にはお狐さんが 飾られています。

拝殿の前に立つと、拝殿の中のお狐さんの活動的な空気感が感じられて、重たい空気感は皆無。かなり意外、というか拍子抜けな感じ。

お狐さんのエネルギーの奥の方には、宇迦之御魂神のエネルギーでしょうか?落ち着いた感じの女性のようなエネルギーも感じられました。

赤い鳥居、ずらーッ

箭弓稲荷神社 別社

実は、境内の右手前に、『宇迦之御魂社(團十郎稲荷・穴宮)』という小さなお社がありまして、その参道に赤い鳥居がずら―っと並んでおりました。

本殿・拝殿の空気感が良かったので、試しに、ずらりと並ぶ赤い鳥居の下をくぐって参拝してみましたが。。。

ダメでした。この空気感は 私には合わない。。。

頭 グワグワのガンガンで、体 フラフラのヘロヘロな状態となりまして。

私の場合、自分に合わないエネルギーのところに行くと、暫く頭痛とふらつきに悩まされます。

そのエネルギーの強さに比例して、症状もひどくなります。

今回はかなり 大きな影響を受けたようです(@_@)

助けを求めて、再び 本殿・拝殿してみましたが、回復の気配なく。

こういう時は、よい物を食べるか しばらく寝込むかしないと、なかなか解消しません。

このあと、よい物を食べて、とりあえず解消しました。

まとめ

箭弓稲荷神社 バット絵馬 

箭弓稲荷神社。いい神社でした。

バット絵馬 というのもあり、野球青年や野球関係者も参拝に来るようです。

ちょっと遠いけど、駅から歩いて行けるし。

今度は晴れている日に。また行きたいです。

ご縁に感謝です。アリガトウ ゴザイマシタ (^^♪

▼ 箭弓稲荷神社に行ったきっかけはコチラ

あっちこっちに呼ばれて 参拝行脚
7月にスピリチュアルカウンセラーさんをお訪ねし、色々な話を聞かせていただきました。 で、その時に。 「『おいでおいで』と積極的に呼んでいるわ....

コメント

  1. にゃん より:

    稲荷で、「手前に重たい空気感が立ちはだかる」のは参拝者の想念です。
    お金が欲しい、売上が欲しいという想念が、神社の前に転がっているので、それが苦手という人は多いみたいです。

    稲荷の本質は、とても清浄な神です。

    だけど、その神にすがりつく人たちの想念が場を荒らしているというのが実態ですね。

  2. ブログの主 より:

    > にゃん様
    コメントありがとうございます。
    そうですね。参拝客の様々な想念ですね。

    稲荷社に限らず、有名な神社の中には、
    人の欲の想念が濃く厚く堆積して “異形の神社”と化している神社も
    チラホラありますから、
    参拝客の多い神社仏閣への参拝は、参拝者がそれなりに気を付けて行った方が
    良い場合もありますね。人によっては体調を崩しますから。
    人の想念で身動きできない神様も、時におられるようですし。

    浄化をなさっている神社の職員の方々には頭が下がる思いです。