ワクチン副反応 お役立ちグッズ

新型コロナ ワクチン 熱 ほてり 保冷剤

新型コロナワクチン 2回目 接種してきました。

頭痛と体のほてりとだるさがひどくてね。今は、少し楽になりました。とりあえず、役立ったグッズをダラダラと書いておきます。

頭痛は薬を飲まなくてもなんとか我慢できる状態が18時間近く続いて、我慢するのに疲れ果てて、ロキソニンを1回飲みました(事前調査で、副反応の時ロキソニン OKとのことでしたので)。頭痛もダルさも とても楽になりました。

身体のほてりというのは発熱に似ていますが、熱っぽいのに体も熱いのに 体温は36.6度前後を維持し続けている、というような状態で、この熱っぽくさのせいでなかなか寝付けません。特に頭と足のほてりがひどいです。

だるいから横になっているのに、寝れないというのが、結構しんどいです。

そんな中、思い付いたのが、大きめの保冷剤

タオル3枚を2つ折りにして6枚重ねになるように重ねて、その上に保冷剤を乗せて。

保冷剤をくるむようにして、タオルを2つに折り畳んで。

その上に頭を乗せる。

最初は固くて寝ずらいし、冷たく感じないけれど、5~10分 寝ていると冷たさを感じるようになり、冷たさの心地良さとほてり解消の快適さの方が勝り、気付くと寝ています。

そのうち、氷も溶けてきて、イイ感じ(^^♪

アイスノンは値段が高い上に、冷えるまでに時間がかかるのが超難点。

けれど、保冷剤ならダイソーやセリアなどの100均で買えるし、2個買って同時に冷凍庫に入れて1時間くらいで1個だけ 凍りかけの状態で出して、タオルを巻かずに使い始めることが出来ます。それがとても、ありがたいです。

ぬるくなったら、洗って拭いて、冷凍庫に入れればいいから、超便利です。

ガチガチに凍り過ぎたら、鍋や皿やフライパンに1cmくらい水を入れて、その中にガチガチに凍った保冷剤を入れて、少しだけ氷を溶かして使うと良いです。

保冷材は、ペットボトルくらい大きいサイズがイイです。小さくても良いけど、すぐに溶けてしまうし、使いずらいです(私は)。

私は冷えピタシートが使えないから、万一のために、大きめの保冷剤をいつも冷凍庫に入れています。(昔々使えましたが、昔使ったらミントでオデコがヒリヒリして直ぐに剥がしてしまいました。)

保冷材は、冷えピタシートより広範囲を冷やしてくれるので良いです。

上向きに寝るより、横向きに寝て耳や耳の下の辺りを付ける感じで寝る方が冷たさの恩恵を受けられます。

保冷材は枕に乗せても良いけれど、そうすると枕が高くなって首が苦しいというのであれば、枕を外して、枕の代わりにバスタオルを折りたたんで高さ調整して使うと良いです。

効果良すぎて、少し寒く感じてきたら、室温を少し上げるとか、バスタオルを体にかけるとか、保冷材にタオルを1枚多く巻くとかして、工夫すると良いです。

最初のうちは「なんか嫌かも」と思うかもしれませんが、冷たさで寝れてしまう可能性もあるので、15分くらい様子をみてみると良いです。

あ、コロナに感染している時の発熱には、この方法はNGだと思います。

新型コロナウィルスが冷凍庫に入ってしまうかもしれないので。温度低くて、新型コロナウィルスが死滅するかもしれないけれど、そのあたりのことは分かりませんから、危険は回避した方が良いですね。

それと、500mlくらいペットボトルの水 1本

体調が悪い時、コップで水を飲むより ペットボトルの方が楽に飲めます。

上品に飲まずに、ペットボトルの口をくわえて天を一瞬仰ぎ見れば、水が口の中に勝手に入ってくれます。超ラクです。

飲みたい時に飲みたいだけ飲んでいますが、飲むと体が少しラクになります。

トイレに行くのは面倒ですが、体がラクになる方が勝っているので がぶ飲みしています。

一気にたくさん飲むと水中毒になる可能性がありますから、ご注意ください。私は結果的に、一気に400~700㎖くらい 何度も飲んでいますが、これくらいの量なら大丈夫のようです。ちょっとずつ 飲んでも良いと思います。

私の周りでも、水多め飲用を試した人は「副反応の症状が思ったより楽だった」と言っています。偶然かもしれませんし検証しようもないですが、水多め飲用は試してみる価値があるかもしれません。

とりあえず、ダラダラと 役に立ったことを記録として書きました。

早く元気にな~ぁれ (^^♪