その恨み、チョコに移りし、我が胃袋へ!

バレンタインデーに チョコレートを頂きました。

職場で小腹が空いて、そのチョコをボリボリかじって食べたら

その数分後から、ゾワゾワっと悪寒が始まりました

「んん? また、風邪ひいたかな?」

ところが、あっという間に頭痛も始まり、左胸も痛くなり。

呼吸も浅く荒くなり。

360度宙返りするジェットコースターに休憩なしに

3回連続で乗った後のような めまいふらつきも始まり、

まっすぐスタスタ歩くのが容易でない感じに。。。

思わず、忘れ去っていた『悲しみ入りのお茶』を飲んだ時のことが蘇りました。

この症状は、あの時とほぼ同じです。。。

どうやら、頂いたチョコの中に、誰かの感情エネルギーが入っていたみたい。

それに気づかず、その感情をむしゃむしゃと食べちゃった。

今回は悲しみではなく、怒りの感情。

まさか、チョコの送り主から私に対する怒り???

体調は、椅子に座っていることさえ しんどいくらい。

出来ることなら、机に突っ伏したい。横になりたい。

あぁ、つらい。。。

今のままじゃ、帰宅ラッシュの駅の階段を上るのはかなりつらい。

こんな時にできることは、たくさんの水を飲んで

その水と一緒に不要なエネルギーを体外に排出させることぐらい。

水をがぶがぶ飲んで、トイレで流し去るのみ。

結局1時間ぐらい掛かって、通常の呼吸ができるようになりましたが、

でも、ふらつきは残ったまま。

何か、エネルギー純度の高いものを食べれば多分回復できるはず!

食べ物のイメージを次々と思い浮かべてみても、「これだ!」という

ものが見つからず、ふと思いついたのが天丼でした(笑)

天ぷらは好きじゃないんですけどね。

油っぽいしね。値段高いしね。外でも家でもほとんど食べません。

でも今は「天丼」がイイらしい。。。(笑)

という訳で、デパ地下の「天一」のイートインへ Go!

心の赴くまま 値段が一番高い 特製天丼を注文し、味わいながら、

感謝しながら 天ぷらを胃の中へ流し込み。。。

食べ終わるころには、体調不良の余韻が残りつつも、体調はほぼ回復。

無事に帰宅することが出来ました。

さて、怒りの感情の持ち主は誰なのか。。。

気になったので、スピ友にお願いして、無茶を承知で、

そのチョコの包み紙リーディングをお願いしました。

チョコが 私の胃の中に納まるまでに関わった人は、

原料生産者、製造者、運送業者、販売業者、購入者。そして私。

スピ友曰く、

怒りというより、恨みかな。(消去法で)お店の店員。

仕事に対する恨みだね、多分。」とのこと。

怒りの感情の持ち主は チョコの送り主ではない??という問いには、

「(送り主は)悪い人じゃないでしょ? これはお店の店員。

そのお店で買い物したということは、チョコの送り主とお店と共通する

部分はあるけれど、この感情は、チョコの送り主の感情ではないはず

とのこと。

その言葉が聞けて、安心しました。。。 ホっ。。。

このチョコを食べた人は、みんな、私みたいになったのかな?

多分、大丈夫。エネルギーが分かる人なら別だけど。

多分、『おいしいねー』で終わったはず。

それなら、良かった (^^)

チョコ食べて、急にあんなふうに体調悪くなったら、

びっくりしちゃうからね。

「ねえ、これからは、食べる前に気が付こうよ。

スピ友が最後に言ったこの言葉に、私は思わず反論。

だってそれは、『これは大丈夫か? 危険か?』っていちいち

警戒しながら食べるっていうことでしょ?

いちいち 疑いながら食べるってことだよね!

「生魚や生肉を調理する前に、傷んでいないか気にするでしょ?

それと同じようにする感じ。エネルギーの影響受けちゃうんだから。

身を護るために やった方がいいよね」 とのこと。

確かにそうだけど。。。

うーん、考えてみます。。。

お店の人、まだそこで働いているのかな?

辞められないのかな? 相当なエネルギーだよね。

人手不足のご時世だから、他にも勤め先があるんじゃないかなぁ。

ちょっと頑張って転職先 探してみませんか?

穏やかに仕事ができるようになること、願っています m(_ _)m