【YouTube】バッハのシャコンヌ

今日もスピな話題ではありません(笑)。YouTube ネタです。

思いついた曲をYouTUbeで調べてみたら、ありました

私にとっては鳥肌物の映像です。スゴイ時代ですね。便利ですね。

自分の記録の為に、ブログに記録しておきます。

この人の この曲の演奏をテレビで聴いた時。 それは

それまで大っ嫌いだったバイオリンの音が、大好きな音に変わった瞬間でした。

それまで、バイオリンの音は、キーキーしているだけで、耳触りで大っ嫌いでした。

ある金曜日の深夜 0時頃。

帰宅し、テレビのスイッチ入れたら、筑紫哲也のNEWS23 が映りました。

筑紫哲也さんが外国人にインタビューしていて、どうら映画の紹介をしているらしい。

その外国人が俳優なのかと思ったら、挿入曲を弾いている演奏家で

ここで挿入曲を生演奏してくれることになって、バイオリンを持ちだしてきた。

演奏するは、バッハの無伴奏バイオリン曲だという。

その人の演奏を聴いて、鳥肌立って、呼吸止まって、時間が止まって、固まった。

魂が震えた瞬間。 そんな比喩を使いたくなるくらいの衝撃でした。

映画も見ましたし、銀座の山野楽器に行って、映画のサントラCDを買いました。

そのCDは 今もあります。時々、聴きます。

この演奏家の名前は、ギドン・クレーメル。

曲は、バッハのシャコンヌといい、正式には

無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番ニ短調(BWV1004)の5曲目です。

(シャコンヌは他の人も書いていますが、全く別の曲です:笑)

この曲は難しい曲だそうで、色々な人が演奏していて個人差がはっきりします。

気になった方は YouTubeで聴き比べしてみてくださいね
(1曲15分前後デス。お時間のある時にどうぞ)。

シュロモ・ミンツ Shlomo Mintz.
http://www.youtube.com/watch?v=X7y534_WHXE

イツァーク・パールマンItzhak Perlman
http://www.youtube.com/watch?v=5bVRTtcWmXI

イヴリー・ギトリス Ivry Gitlis
http://www.youtube.com/watch?v=bh8pKgwapSA

天満敦子(前半だけ)
http://www.youtube.com/watch?v=5xMiOYwHiVI

諏訪内晶子(1990年の演奏の冒頭のみ、演奏は1分25秒の辺りから)
http://www.youtube.com/watch?v=5TwTTaZ9FN0