何でもかんでも書かない

マル秘

神社には、一般公開したい部分と一般公開したくない部分があるようです。

もちろん、神事の当事者しか知ることの出来ない「秘法」もあります。

それはある意味、当然のこと。

どうして知っているの!

驚く

ある年のある日。

ある有名な神社の宮司さんと10分か15分か二人だけで話をさせていただく機会がありました。

その時に、その神社のあることについて私が話し始めたら、宮司さんが「(どうして)ご存じなんですか?」とかなり驚かれて。

私は、宮司さんが驚いたことに、驚いて。

なぜ知っているのか、これは自分の中だけで大切にしたいことだと話したら、少し安心されたようで。

その時に、

あぁ、このことは周知されたくないことなんだぁ。

神社にはそういうことも、色々あるんだなぁ。。。

と感じたのでした。

神社の気は絶対的でなく。。。

数年前には、清正の井戸が話題になりましたが、

興味本位で多くの人がその場を訪れることで、場が荒れる

ということは、実際にあるのです。

神々の神々しい気より、人々の気(想いや念)の方が はるかに強いのです。

パワースポットと呼ばれている神社やお寺などでも、神々しい気が追いやられ、人々の様々な想念が充満しているところがあります。

そこはもう、神社ではなく、欲や願望といった想念の渦巻く世界 ( ̄ー ̄;

私はそれと知らずに、今までにそういう幾つかの神社や寺に行ったことがあります。

僧侶の読むお経から発せられるエネルギーさえも荒れていて、驚いたことがあります。

それは寺社が、有名/無名、人気/不人気、大きい/小さい、参拝客が多い/少ないに関わらず、起きています。

そういうことを防ぐために、神社側は入場を制限したり、非公開にしている事柄があるのです。

神様が望まないこともある

大っぴらになっている場所は別ですが、神社内の小さな場所や静かな場所の写真はインターネットに載せて欲しくない、と神様が望んでいる場合もあります。

そういう場所は、写真撮影をする際にお尋ねすると「(撮影は)いいけど、載せないでね」とか、記事を書いている時に「あ、それはちょっと(止めて)」というメッセージが来ます。

場合によっては、「(写真)撮らないで!」と言われることもあります。

そういう時は、必ず従います。

但し、神様の声に耳を傾けるという思いが無いと、神様の声は聴けません。

書く前に考えてみませんか?

困る顔

様々な神社の様々な情報が、インターネット上に書き込まれるこの時代。

レアな(稀な、珍しい)情報を入手したことを、インターネット上に誇らしげに書いている方がおられますが。

そのレアな情報をインターネット上に書き込む前に、

そのレアな情報を、なぜ今まで 神社側が公表してこなかったのか?

なぜ今まで 周知されずにいたのか?

ということに、思いを馳せてみてはいただけないでしょうか?

そこには何か理由があるはずです。

その意をくんで、インターネット上に書き込むことをやめにしませんか?

ご縁を育む。。。

レアな情報を入手できたということは、きっとご縁があったから。

せっかくご縁をいただいたのだから、そのご縁をはぐくむ方向へ。

ご縁をいただいた者として、神社と一緒になって守っていきませんか? (^_-)-☆