♪ 孤独/from ザ・マップ オラクルカード

今回は、オラクルカードに呼ばれて、セルフリーディングです。

今回のお題

先日の2つのセルフリーディング

♪ 場の精霊/from ザ・マップ オラクルカード
本日は、セルフリーディングです。ザ・マップ オラクルカードを使って、「今、私はスピ的にどこにいるのか。そしてスピ的にどこへ向かおうとしているのか....
♪ 力/from ザ・マップ オラクルカード
この記事は、♪ 場の精霊/from ザ・マップ オラクルカード‎の続きです。今回は、ザ・マップ オラクルカードの『力』について読み解きます。....

について思うところがありまして、色々考えていました。

そしたら、オラクルカードに呼ばれて、今回もセルフリーディングを行いました。

今回のお題は、思うところがありまして、

このブログを書き続けるべきか、どうか。」です。

今回も「ザ・マップ オラクルカード」を使います。

オラクルカードからのメッセージ

ザ・マップオラクルカード 孤独

~ ザ・マップ オラクルカード ~
孤独

孤独。

あまり好まれない言葉ですが、どんな意味があるカードなのか、リーディングしていきます。

半月の夜。新月へと向かう月齢20夜くらいでしょうか。

人気のない水辺に建つ建物。

水は澄み、波が無く穏やかです。水は感情を表すアイテム。

孤独という言葉の響きは悲し気ですが、このカードの絵柄には悲壮感がありません。

むしろ、静寂といった心地良い好ましい空間が広がっています。

自分の心に向き合い内観や瞑想をするにはうってつけの場所と時間です。

カードには、建物が描かれています。

建物には 窓と扉が付いていて、その向きは右。右は未来を示す方向です。

その窓と扉の外には、煌々と灯る街灯が立っています。

未来は明るく照らされている。

そして、私は、その未来に向かって心を開き、未来を見つめている。

このカードの”孤独”は悲壮感漂う孤立無援、前途多難、前後不覚なものではなくて、内観や瞑想の時間といったことを意味していることが分かります。

『魂の休息のために素のままの自分に戻ると快適です。』(from カード解説書)

なるほど。

外界から様々な影響を受けて、本来の自分から逸れてしまっているようだから、一人になって、外界の雑音をシャットアウトして、本来の自分(魂)と向き合い、自分らしさを取り戻しましょう。

ということですね。

解説書には、

質問したり前に進もうとせず、課題から一歩下がって、課題から焦点をずらす時期にあります、みたいなことが書いてあります。

確かに、ある課題を第三者的に遠巻きに見てみたり、当事者としてではなく傍観者としてみたり、全体の一部として見てみると、違った見え方をすることがありますが、

今はそれさえもせず、解決しようとして質問したり行動したりせず、今 その場を立ち去り、外界を遮断して、別の世界で静かに過ごしましょう。時期が来れば、事は動きだし、解決の方向へ進みますよ。

ということのようです。

このブログを書き続けるべきか、どうか。」という問いに対して、このカード『孤独』が出ました。

ブログ書きは一時中止しましょう、ということのようですね。

なんとなく、思い描いていたことと重なりました。

今回使ったデッキ

ザ・マップオラクルカード Box

~ ザ・マップ オラクルカード ~