3.11

二年前の今日。

2011年3月11日 14時46分18秒、東日本大震災が発生しました。

二年前のその時刻。 体調不良で仕事を休んで朝から寝込んでいて、

遅い昼食を食べ終わった頃でした。身体も家財もライフラインも無事でした。

今日のその時刻、私は仕事抜け出して近所の神社におりました。

神社の宮司さんがご自身の携帯電話 大音響にして 追悼式の様子を流して下さり、

追悼式の黙祷に合わせて その場に居合わせた2~3名の参拝客が黙祷。

その後、宮司さんが祈祷をあげるということで、お社の中へ招いてくださいました。

祈祷の内容は、亡くなられた方々のご冥福 と 被災地の復興,

災害の再発抑制の オリジナルの特別な祈祷でした。

その後再び、携帯電話を大音響にして 天皇陛下のお言葉をリアルタイムで

聞くこととなりましたが、なにしろ、仕事を抜け出してきている身ですので、

途中でお暇させていただきました。(仕事は20分間、サボりました。)

昨年は日本全土 至る所で黙祷のサイレンが鳴り響いたようですが、

私が今日いた町では 昨日と同じ、いつもと変わらない時間が流れていました。

もう2年。まだ2年。

被災地の人々が 「悲しみ忘れて、前を向いてがんばろう」 ってのは良く分かります。

でも、遠く離れた私たちは どうなんだろう。それでいいのかな。

ひょっとしたら、東京で起きていたかもしれない。

そんな時、がんばって生きていることを 忘れられていたら、悲しいくないのかなぁ。

ひょっとして 福島原発の現状も忘れちゃいませんか?

色々、色々、もう 人ごとだと思っちゃいませんか?

(これ、自分に対する戒めでもあります。)

私は今日、仕事で嫌なことがありました。でも、そんなことはちっぽけなこと。

・ 働けること。暮らせる以上の収入があること。

・ 安心できる我が家に帰れること。

・ 暖房で冷えた体を温められること。

・ 食べたいと思ったカップ麺を熱々の状態で食べられること。

・ 疲れを癒すお風呂に好きな時に好きなだけ入れること。

・ 横になって 安心して就寝できること。

・ そして、愛する家族が私と同様の状態であること。

今、そのすべてに感謝し、たくさんの幸せを感じつつ。

改めて、

亡くなられた方々のご冥福 と 被災地の復興 を願うのでありました。

さてと、そろそろ 明日を生きる準備をしよう。

私が儲かれば、寄付が増やせる。