友人の言葉

友人がこのブログを読んでくれています。

読むと、時々感想を知らせてくれます。アリガトウ

でもね、感想と言っても、「いいね!」といった感想では無くて、「なんかさ~ぁ、こういうのって...」という感想なんです。

「いやいや、これは こういう訳でこう書いたのよ」って説明するんですけど、それでも「うーん、分からなくないんだけどやっぱりね、...」と言って話が続きます。

『やっと書けた。これで良し!』。そう思ってUPした記事にあれこれ言われるのは 多少腹も立ちますが(笑)、友人の意見には基本的に耳を傾けることにしています。

そりゃぁ、イラっ!!っとくる時もあります。いや、ほぼ毎回かな? (笑)

良かれと思っていることだから、批判されているみたいに思えてしまい、つい イラっ(笑)。

そんな時は思いっきり反論してますが、友人の意見は 必ず時間をおいて改めて考えるようにしています。

だって、自分とは異なる目線で見た場合の意見を聞きたいから相談するのであって、報告とは違うんだし、真剣に考えてくれた友人からの貴重な意見だから。

今回は相談したわけではないけれど(笑)、でも別角度から見た貴重な意見であることに変わりはありません。

タモリさんがTV番組で「女性と上手く付き合うコツは?」と尋ねられ、 「黙って話を聞くこと。意見を言わないこと。」と言ったそうですが、

昔からよく聞く言葉ですが、

『女性は話を聞いてほしいだけ。話を聞いてもらえれば満足』とか

『(私は)ただ黙って聞いほしいだけなのに』とか。

ひどいのになると、

『女性は相談と言いつつ、同意してくれる人を探しているだけ』とか

『女性は相談事をする前に答えを決めていて、その答えに同意してくれる人を選んで相談する』

となんていう表現もあったりして。

私は日常の細かい出来事をあれこれ第三者に話して聞かせることはほとんどしないし(関係者にはしますが)、友人に相談したりということはあまりないのですが、相談した場合は必ず相手の話に耳を傾けるようにしています。

反対意見を言われたり、再検討を促されたりするのはもちろんイヤですが、出来れば賛成してくれると嬉しいですが、異なる目線で見た場合の意見は貴重だと思っています。

井の中の蛙にはなりたくないのです(笑)

今回、友人が聞かせてくれた意見は、過去記事に関するものでした。

「こういう書き方しても、なかなか読んでもらえないと思う。」

「こういう書き方しても、他の記事に埋もれてしまうだけだと思う。」

「親しい関係だからリンク クリックするけど、他の人のサイトだったら(私、クリック)しないかも。」

えっ、そうなの? 私ならするよ。○×△□!#$% だと思うだけど。

と、思いっきり持論をぶちまけました(笑)。

でもね、一晩明けて改めて考えてみると『友人の意見もありだなぁ』と思える心境になってきました(笑)。

流されやすい性格???

そうなのかもしれません(笑)。

だけど、譲れない時は絶対に譲らない、頑固な一面も兼ね備えておりますヨ(笑)。

物事は一方向から見ていただけでは判らないことが沢山あります。

そのことを教えてくれる 貴重な友人がいることは本当にありがたい。

友に感謝。ありがとう。

時々、猛烈に刃向うこともあるかもしれませんが(笑)

これからも よろしくお願いいたしますm(_ _)m

多少、お手柔らかに...ネ (^_-)-☆