樹木希林さんのガン考察

樹木希林さん(70才)の ガンに対する考察。

「人はがんに向き合って
自分を知るということじゃないかと思うんです。

(がんが)治ることのためのがんじゃない」

希林さんと親しい関係者の話として。

「樹木さんは死ぬときに “納得がいかない”と思いたくないから、

今を大事に生きるようにもなったし、
周囲も自分と真剣に向き合ってくれるようになったと

嬉しそうに話していたことがありました。

樹木さんに言わせると、
がんはありがたい病気で面白いんだそうです。

いろんなよじれが見えてきて、人生が変わる。

そういった意味で“賜りもの”なんだって」

上の青字の部分はすべて、NEWSポストセブン(2013年3月16日07時00分)の記事からの引用です。

先頃、「私は全身がんですから」と衝撃告白した樹木希林さん。

全身がんがあるようなお姿には見えず、いつもと変わらぬお姿に見えました。

これくらいの年齢になると、ガンの一つや二つあってもヘンじゃない
というようなも おっしゃっていました

希林さんの発する言葉をみると、この人の思考・感情・行動ってどうなっているんだろう、といつも思います。

いい意味で 普通じゃない。いい意味で 飛んでます(超越してます)。

羨んだり、感心していても仕方ないけど、

こんな風にあるがままを受け止めながら、感謝し日々過ごるようでありたい。