占いとリーディングの違い

タロット占い、星占い、四柱推命。占いと呼ばれるものは色々あります。

占いってなんでしょう。。。

デジタル大辞泉には

「人の運勢、物事の吉凶、将来の成り行きを判断・予言すること」と

書かれていました。また、

「占いとは統計学である」という言葉もネット上にいくつもありました。

そして占いをするのは占い師です。

予言ですから、判断ですから、その結果に対して

アタリ/ハズレという表現を使うのは自然の流れのように思えます。

一方で、タロットカード リーディングという言葉も耳にします。

オラクルカード リーディングもそうです。

私が習い行っているのも、占いでは無く、リーディングです。

リーディングとは、

「何らかの形であらわされる 天のアドバイスを読み取ること」。

カードの場合、天のアドバイスが絵柄となって現れます。

それを読み取るのが、カードリーダー(Readする人)です。

物事は様々な人の思惑、行動で進み、

そこに未だに完全予測不可能な天候も加わり、

とても流動的に展開して行きます。

その流動的な未来を今言い当てるのが予言ですが、

天は予言者ではありませんし、リーダーも予言者ではありません。

リーダーが行うのは予言でなく、預言。

預言とは

「神や死霊の意志を媒介し,人々に伝えること」 だからです

(出典:デジタル大辞泉)。

天は善し悪しを判断することはしませんし、リーダーも判断をしません。

こういう事が起こる可能性がありますよ、というメッセージが来る場合もあります。

でも、それを天が善い悪いとは判断することはありません。

善し悪しの評価をしているのは、人であり、自分です。

こういう事が起こる可能性がありますね、回避したいのであれば、こうすると良いですよ。

そういったアドバイスをくれるのが天です。

それは、善き友人や知識の豊富なアドバイサーからもらうアドバイスに似ています。

過去のことであれば既成事実なので、そのことを言い当てたりすれば、

いずれにしても、アタリ/ハズレとか 読める/読めないという言葉を使って

表現することになりますが。

未来に対する友人からのアドバイスであれば、

そこに アタリ/ハズレとかいう評価が無いように、

リーディングの結果にアタリ/ハズレという表現は当てはまりません。

リーディングは、天からのアドバイス

それを踏まえたうえで、よりよく生きるために、

リーディングと向き合うが良い方法だと思います。

長々と書いてきましたが、

実はこれ、私への『忘れるべからず』 です。

私、このこと忘れて、苦い経験しました。

そのことはいずれそのうち、ブログに書こうと思います。