共存すること

今でも福島県の南相馬には、飼い主に残されながらも
寒さと飢えと戦いながら生き延びている
飼い犬,飼い猫が
沢山残されているそうです。

そして、今も継続的に、防護服に身を包んだ民間の動物保護団体が、
飲み水,餌などを運び入れていることを最近知りました。

何故、彼らは人間と一緒に避難できないのか。

「嫌いな人もいるから。鳴き声がうるさい。食べ物が。トイレが。」

色々な理由が上げられるけど
何故、人と同等に扱うことが許されないのだろうか。

自分を犠牲にし自分以外の為に行動することが出来るのが 「人間」で、
それが出来ないのが「人間以外の動物」である。ということを何かで読んだことがある。

己の快適さだけを考えていないだろうか。

命。かけがえのない命。

様々な価値観が共存するすべはなかったのだろうか。。。

忘れないために。

2011/04/13 にアップロードされた映像です。

動物保護団体 :『ねこひと会』『アニマルフレンドシップ』『のらねこ墨田』など。