徒歩ワークで感じた「この世」

なんだか凄い記事名ですが(笑)。

今日は、王子神社、尾久八幡神社、素盞雄神社、

熊野神社、胡録神社、石濱神社 を 歩いて回りました。

神社の感想は、別の機会に置いといて。

今日のワークで感じたことを、

忘れないうちに

ただそのままと書いてみたいと思います。

(何言ってんだぁ?と思われるのを覚悟で書きます。)

感じたこと。それは...

あぁ、この世はカオス(カオス理論)だワ。

実体はあるんだけど、それは絶えず変化しているから、実は実体なんてものは無くて、実体だと思っているものは仮の姿、つまり虚構(フェイク)でしかないんだワ。
私たちは、その虚構の上で虚構の生活をしているだけかもしれない。

在ると思っているが、実はそこには無くて、今そこに在ると思っているものは幻でしかないんだワ。この幻といわゆる幻との違いは、見えている時間が長いか短いかだけでしかないんだと思う。

この世はカオス(理論)で幻な(フェイクな)世界なのかもしれない。

って、ことです(笑)。

今日、王子の高速の下を歩き、浄水場の上を歩き、

かつて暮らし慣れてた 町屋,荒川,南千住 の街並みを歩き、

寂れた神社を見て、対岸の巨大建築現場を見て、

南千住の団地群の中を歩いていて感じたことです。

大田区南六郷の団地群で生活したこともある私ですが、

特に南千住の団地群はまるで異次元空間を歩いているようで、

縦も横も上も下もないような、実在しない空間を歩いているような

摩訶不思議な時間でした。

でもこれは、この辺りのエネルギーによるものではないと思います。

ハイ。自分でも何言ってんだぁ?ってちょっと思ってます(笑)。

だけど、直感的にこんなふうに感じた、というのも事実なので。

この意味は、改めて考えてみたいと思います m(_ _)m。