続:月光浴(改め ブルームーン)

日付が変わり、9月1日 夜中の 1時近くに、寝室に入りましたが、

先程の満月が気になって ベランダへ。

すると、 真っ正面にお月さま。 おぉ。。。

明日は仕事休みだし~。

椅子とカメラを持って、ベランダで月光浴することにしました。

Img_2232

(↑)カメラの設定を オート にして、最初に撮影した一枚。
夜中の1時 近くなのに、まるで 昼間の空を撮影したみたいです。

Img_2268

(↑)雲が多いです。でもね。癒しエネルギーは優しく優しく包み込むように。

シャワーのように降り注いでしました。

上質のマッサージを受けているかのごとく、

適温の温泉に浸かっているかのごとく、

心は穏やかに ほぐれ 溶けていきます。あ~、極楽~~。

Img_2281

(↑)待てど暮らせど、雲が多くて、満月のお姿をなかなか拝見できませんね。
さっき、仕事帰りには良く見えたんだけどなー。

Img_2305

(↑)月光浴開始から 約40分。

やっと、まん丸 のお姿を見せてくださいました。

ホントに 気持ちイイー 光。

それにしても、月を撮影しているとは思えない程の 眩い光。

月を背にシャッターを押すと、

Img_2309_2

(↑)こんなに しかっり影ができていました。

(写真左側の影は、写真右側から照らす街路灯が映し出した影です。)

Img_2310

(↑)最後に。月光浴で使った折りたたみ椅子はこれ。

おしりがギリギリ乗る小さい椅子です。 家にあって良かったねー。

今回の満月は とても強力なものに感じて。

何かあるのかな?とネットで調べてみましたら、

「ブルームーン」とありました。 ブルームーン?? 青い月??

 「ブルームーン」

 ひと月のうちに満月が2回あるとき、
 1回目の満月を「ファーストムーン」、 2回目の満月を「ブルームーン」と呼びます。
 「ブルームーン」という言葉は、天文用語ではありません。

  「ブルームーン」は特別に月が青くなるわけではなく、ただ単に「めったに起こらない、
まれな現象」として、この名前がついているようです。

 引用元:http://www12.plala.or.jp/m-light/notebook/BlueMoon.htm

へー、そうなんですか。色々 あるもんですねー。

「ブルームーンにお願いすると、願いが叶う」 なんてことを書いている人もいましたが

私、なんにも お願いしませんでした。 あらら。

でもね、何かご縁があったはず。

なぜなら、さっき、仕事帰りに 月を見上げた時刻が、

ちょうど満月に時間帯だったから。。。 そう、8月31日23:00前後。

ありがとうございます、お月さま。