水拭きは結界

雑巾、バケツ

今日、なんとなく、床の水拭きしました。

かなり久しぶりです (^^;

想像以上に汚れていなくて、雑巾がなかなか汚れなくて、ちょっと意外でした。

床のついでに、壁、扉など、あちこち拭いて、ふと、気付きました。

水拭きって、外で得て自宅に持ち込んで脱ぎ散らかした雑念(エネルギー)を拭い去って、純な自分のエネルギーを床や壁に込めるというか、純な自分のエネルギーで床や壁に結界(バリア)を張るというか、自分を守る 居場所を作る行為なんですね。

拭き掃除は物理的な汚れを取るっていうイメージでしかなかったんですけど。

今日、初めて気づきました。

水拭きを終えたら、その場所だけ、エネルギーがクリーンになりました。

スピリチュアル系の掃除の本には「最後に薄い塩水で拭くと良い」と書いてあることもありますが、「えっ?マジで?」って思っていましたが、今日、その感覚が分かりました。

でも、塩分で床や扉の塗装が痛むと嫌なので、今日はしませんでした。

水拭き、雑巾

もし、なにか、うつうつとした気持ちがあるのであれば、自分の部屋や椅子、床、机などをゴシゴシと水拭きしてみると良いと思います。

もし、絨毯やラグがあるなら洗うのでなく、良く晴れた日に、固く絞った雑巾で数回拭いてみると良いです。

ご自分が座る椅子や背もたれなども、是非、固く絞った雑巾で水拭きを。。。気づかなかった汚れが取れるかもしれませんよ。

もし、家族がいるなら、家族のことを思いながら水拭きをすれば、家族の居場所を作り、家族を守る結界になりますね。

もし、家族とお住まいで、自宅にご自分の居場所が無いように感じているのなら、毎週、家族のスペースを家族のことを思いながら水拭きをしてみると、良い結果になるのではないでしょうか。

空拭きよりも、水ぶきで。洗剤を使わずに。

家族への気持ちを込めて。チカラを込めてゴシゴシと。

Let’s Try ですね (^^♪

※ 水拭きの前に、掃除機などで細かいゴミは取り除いておいた方が、気持ちよく水拭きが出来ます。