やり残しているお役目は?

※ この記事、暗いかもしれませんが、徒然に。。。

この世でのお役目を果たしたので、お迎えが来た。

そんな言葉を聞いたことがあります。

我が家には一時期 3匹のオス猫がいました。

そのうちの一匹。今年2月11日に17歳になった我が家のオス猫。

長生きするコはメスが多く、オスで17歳まで生きるコは少ないのだとか。

愛嬌があり人の心の分かる愛情深く心の大きい、

犬でいえば ゴールデンレトリバーのようなオス猫。

あるお役目を持って私のところに来たコだと常々感じて、

今日まで一緒に暮らしています。

4年くらい前に肥大型心筋症・軽度の腎臓不全見つかり、

投薬を続けるも徐々に悪化。

昨年12月20日には網膜剥離で両目 失明。

今年3月下旬から今日までの 約 3週間に、

右目 前眼房出血、両目 結膜炎、左目 前眼房出血、両目 緑内障を

立て続けに発症。

昨年春に4.3kgあった体重も今は2.4kgで、骨と皮の状態。

一日中寝てますが、それでも、空腹を訴えに来て少量の食事をし、

一歩一歩確認しながら 階段を昇り降りし、

失明しながら よぼよぼヨタヨタ歩きながらトイレに行き用を足します。

お腹がすけば、夜中でも寝ている私を起こしに来ます。

今も、私の傍らで、ガリガリだけど昔と変わらぬ寝相で寝ています。

彼から教わったことは沢山沢山 書けない程あります。

間違いなく彼に、人間的に成長させられました。

ずーっと一緒にいたいけど、見ていると、痛々しくて。

一体、まだ残っている彼の現世でのお役目は幾つあるのでしょうか。

彼の試練はあと幾つあるのでしょうか。

でも彼は、きっと

食べて、寝て、トイレに行って、時々甘えて、また眠り、を繰り返し、

今日も命あることに可もなく不可もなく淡々と生きているのだと思います。

それに引き換え、生きている人間は弱いな。。。

今起きていることに、あれこれ、いろんなことを乗っけて考えて、

あーだ こーだと迷い歩く。。。

あっ! このコ、そのことを教えるために今、ここにいるのかも!

そうなの?ねえねえ(教えて?)。 ? ...

暗い気持ちで書き始めた今日のブログでしたが、今は何となく。。。

先程まで私の横で寝ていたオス猫は、今ムクッと起き上がり、我関せず、

自動掃除機 ルンバのごとく、ぶつかっては方向転換しながら、

トイレに向かった模様。。。

その姿を見送りながら、
今日のブログは終了です。。。

お迎えが来るまで、一緒にいようね

最後までお読みいただきまして、ありがとうございましたm(_ _)m。