度会大国玉比賣神社と伊我理神社に参拝(伊勢神宮)

伊勢神宮の摂社である
度会大国玉比賣神社と伊我理神社に参拝してきました。

これは、5/15(金)に伊勢神宮に参拝した時の記録です。

.....................

度会大国玉比賣神社 (わたらいおおくにたまひめじんじゃ)
伊我理神社 (いがりじんじゃ)

は外宮正門から 徒歩8分の場所にあります。

Img_2852

入口を入り、階段を上ったその先にお社があるのですが、
階段の下に立った時点で、凄い警戒感。。。

んん!? 神様に警戒されている!? えっ、これ、ほんと?

「このよそ者、何しに来た」 と こちらの様子をじーっとうかがっていて、
攻撃的な感じはないのですが、物凄く警戒されている感じです。

こんな空気感、こんなエネルギー、初めて。

「お邪魔させていただきます。はじめまして。
カクカク シカジカ、参拝させていただきます」

と丁重にご挨拶。

しかし、まだ、警戒されています。。。 うーん。。。

こんなこと、初めて。

ご祭神 は
大国玉命(おおくにたまのみこと)
弥豆佐佐良比賣命(みずささらひめのみこと)

大国玉命は、ざっくばらんにいうと 日本の守り神。

弥豆佐佐良比賣命は伊勢神宮が出来る前から この土地の神様。

だとすると、

神社のエネルギーから推測すると、

弥豆佐佐良比賣命の伝説以外の一面があったのかもしれませんネ。
警戒心、Maxでしたから。

この先にも神社がありますので、丁重に立ち去り
とりあえず、次に神社に向かいます。

伊我理神社 (いがりじんじゃ)
 一緒に井中神社 (いなかじんじゃ)も祀られています。

Img_2850

こちらのお社に向かっている最中から

「まあまあ、そんなに警戒しなくても。。。」

神様が微笑みモードでお出迎えしてくださいました。

とっても友好的に、優しく受け入れ見守って下さる
女性的な空気感です

ホッ、良かった。。。

私の緊張感を解いてくださいました。フゥ。。。

ご祭神 は
伊我利比女命(いがりひめのみこと)
井中神(いなかのかみ)

伊我利比女命は 猪狩(いがり)がその名の由来といわれている神様で、
米を食い荒らす猪を狩る勇猛果敢な女神さま。

井中神は、外宮の御神田の井泉の神として仰がれたと伝わる神様。

なんだそうです。

神社のエネルギーは、勇猛な感じでは無かったですけどね(笑)

.....................

神様にご挨拶とお礼を申し上げ、
再び、度会大国玉比賣神社 に戻ってみると

えっ!? なにコレ???
さっきと空気感が全然違う!!!

先程の警戒感はなくなり、

その代わりに、頼もしく力強く見守って下さる空気感に大変身!!

認めてくださったような、安定感、そして雄大感!?

あー、ヨカッタァァ

神様から警戒感を発せられたのなんて初めてでしたから、
本当に びっくりしましたが、

最終的に、心強い空気感に見送られて
勇気づけられて次の神社へと向かいました。