ロバート・リーブス認定フラワーセラピーヒーラーになりました

月日が経つのは早いもので、
一ヶ月もブログを休んでしまいました。

その間も、このブログを読みに来てくださる方がいらっしゃり、
感謝ともに申し訳ない気分でいっぱいです。

ありがとうございます。

この一ヶ月、あれやこれや忙しく、仕事に疲れたり、
神社に行ったり、スピ的な体験をしたり、などしておりましたが、

このたび、
ロバート・リーブス認定フラワーセラピーヒーラーになりました。

それまで葛藤すること約9ヶ月。
よくまぁ、それだけ長い間葛藤し続けたものですが、
その葛藤は受講の直前まで続いておりました(笑)。
そのことについてはまた別の機会にとっておくとして

今回はオーストラリア在住のロバート・リーブスさんが来日して
私たちに直接教えてくれる初めてのスペシャル講座で、
北海道や九州から飛行機で、名古屋や大阪から新幹線でやってきた参加者もいたほど

7/25,26の2日間に渡って開講されました。
ロバートさんも、大好きな日本、初めての日本の開講とあって
とても喜んでおられました。

フラワーセラピーは色や香りでアプローチするものが多いですが、
ロバート・リーブスさんのフラワーセラピーは、
色や形を越えた、花そのものが持っているエネルギーを活かした
フラワーセラピーなのが特徴です。

もともと花には癒しの力があると感じておりましたが、
花の持つ力はそれをはるかに勝り、本当に凄かった!

講座は、説明を聴いてワークを行う形で進められ

初対面の人とペアーを組み、交互にヒーラー役とクライアント役になって
ワークを行う場面が何度かあったのですが、

花がクライアントの悩み、痛み、想い、生活などを伝えてくれたり、
クライアントのオーラやチャクラ、体の不調も伝えてくれたりするんです!

伝えてくれる内容は、誰もが経験していることではなくて
結構、個人的な個性的な内容で

得た内容をクライアント役の方に確認してみると
合っているんですね! これには驚きました!

そして、花は
その時クライアントが必要としている花(のエネルギー)を伝えてくれたり。
最終的に、オーラやチャクラ、心までも癒してくれちゃうんです!

花にこんな秘めた力があるとは知りませんでした。

そういった花の特性を生かして、
カウンセリングしたり、ヒーリングするのが
フラワーセラピーヒーラーのお役目です。

そしてこのたび、
ロバート・リーブス認定フラワーセラピーヒーラーが
ここに一人誕生しました

Img_3692

この証書、通信講座で資格取得された方とは、違う認定証書なのだとか。

私たちは、ロバート・リーブスさんから直接教わった
日本の生徒第一期生になるのだそうです。

腰の重たい、聞き分けの悪い、へりくつやの私を
エゴと戦いながら
辛抱強く 背中を押し腕を引っ張ってくださった お上の方々、
どうもありがとうございました。

受講できてヨカッタ 本当にヨカッタ
ありがとうございました(感謝

約9ヶ月葛藤の末、得たこの資格。

どういう形で活かしていけるか。
(^^♪試行錯誤の始まりですね。。。