捨てやすい物、捨てずらい物


人によって、未練なくバッサリ捨てやすい物と、未練タラタラ捨てずらい物があるそうです。

一般的に、女性は服や化粧品を捨てるのが苦手な人が多いようですが、

私の場合、服はあっさりと捨てることが出来ますし、化粧品も比較的未練なく捨てることができます。

ですが、紙物を捨てるのが極めて苦手。

本、雑誌、商品購入の領収書や納品書、レシート、投げ込みチラシ、パンフレットなどなど。どんどん どんどん 溜まっていきます。

理由は分かっています。捨てられない理由、それは

『知識コンプレックス、記憶力コンプレックス』。

知らない、分からないが嫌なんです。

忘れっぽいことを、所有していることで補おうとしているんです。

持っていればなんとかなると思っているんです。

だから、なかなか捨てられない。。。

更に、整理ベタが加わって。。。

1年半前に断捨離をし、その後溜まった物の多くは紙物で、

一ヶ所に置ききれず、あっちこっちに分散し、箱、引き出しにどっさり溜まっております。

これをやっつけてしまわねば。。。

しかし、たやすい事ではありません。

コンプレックスの塊なので、箱ごとドサッと捨てることもできず、

紙の一枚一枚が自分のコンプレックスと向き合う時間となり、かなり疲労するのです。

それは、自分の過去の感情との戦い。コンプレックスとの戦い。

いや、戦うようではダメですね。

自分と向き合い、コンプレックスを『捨』 して行かないと、同じことの繰り返すだけですね。

服なら迷うことなく、捨てる、残すの判断がサクッて捨てられるのに。。。(笑)。

紙との戦い。

週末、本と対峙します。。。