穴八幡宮の一陽来復(2012)

明日は節分。穴八幡宮の一陽来復をお祀りできる最後の日。

一陽来復は 早稲田にある穴八幡宮で頂くことのできる 「金銀融通」のお守りで、
冬至~節分の間だけ頂くことが出来ます。

このお守りはちょっと変わっていて、お祀りの仕方が決まっていて、
頂きに上がると「説明書」を添付してくれます。

(このブログの写真はクリックすると拡大表示されます。)

(↓)説明書

(↓)お祀りする日時,方位に関する説明

“節分の夜中の12時”とは、節分の23時55分の1分後のことですね。

私は冬至の夜に頂きに上がり、大晦日の日にお祀りしました。

2011年の冬至に頂いた一陽来復は、2011年大晦日冬至に両面テープで貼りましたが、
2012年5月に落ちてしまって。 あぁ、ショック。

だから、今年は落ちないように工夫しました。

まず、A6サイズの白い紙 1枚、両面テープ、画鋲、ポスター掲示用タブを用意して。

1.両面テープを使って、一陽来復をA6サイズの紙の表にしっかりと貼り付けて。

2.上記1の紙の裏にポスター掲示用タブを10枚、びっしりしっかり貼り付けて。

3.上記2の紙を、お祀りする場所に しっかりと入念に貼り付けて。

4.最後に、上記3の紙の上から画鋲を刺して、完成。

上から見た様子を図にするとこんな感じ。これなら絶対落ちません、多分(笑)。

ポスター掲示用タブは、今回 100均(ダイソー)で買いました。

3M社製品でいういところの 「コマンド タブ」 という商品みたいなものです。
(3M社の方が元祖ですね。)

||

最終的にこんな風にお祀りしました。
昨年は向きを合わせる為に少し斜めにしましたが、今年は偶然にも一陽来復が正面を向きます。

さて、今年は一陽来復の御利益を授かることが出来るでしょうか。

来るよね、きっと。みんなのところに きっと来る

貯めることなく 入って出して入って出して。

みんなで 「金銀融通」、ネッ