諏訪大社「筒粥神事」結果報告

1月14日夜から諏訪大社 下社春宮で開始された 「筒粥(つつがゆ)神事」。

その結果が翌朝 発表になったそうです。

「筒粥(つつがゆ)神事」は、鉄釜で小豆のかゆとヨシの束を夜通し炊き続け、筒状のヨシの中に入り込んだ粥の量や状態などから今年一年の世相と農作物の豊凶を占うのだそうです。

さて、占いの結果は?

◆今年一年の「世の中」のご神託は満点五分のうち「三分六厘」でした。

昨年より一厘上がりましたが、諏訪大社では「厳しい三分六厘。備えは常にしておいてほしい。手堅く物事を進めてもらえれば。」と話しました。

なるほどねー。

でもね、信濃毎日新聞社に記事はこんな感じよ。。。

 諏訪大社(北島和孝宮司)は15日朝、前日夜から諏訪郡下諏訪町の下社春宮で行っていた「筒粥(つつがゆ)神事」の占いの結果を発表した。

世相を示す「世の中」は3分7厘(5分が満点)となり、昨年より1厘上昇。「明るい兆しが見え、良い年になりそう」とした。

 占いは、鉄釜で小豆のかゆとヨシ44本を夜通し炊き、ヨシの中に入り込んだかゆの量などを見る。

ヨシ43本で農作物の作況を、残り1本で世相を占う。

この日は夜明け前の午前5時すぎ、神職が釜からヨシを出し、1本ずつ中身を確認。幣拝殿(へいはいでん)前に集まった氏子の前で結果を告げた。


農作物は、最も良い「上の上」が桑や大豆など計5種類。昨年の6種類から減った。「下の下」はなく、ウリ類が「下の中」だった。


大社によると、世相を示す1本は近年になく良い結果だったが、全体としてはばらつきがあり、「業種や作物によって分かれる」とも。

特に春、夏ごろに注意が必要とした。神職は「(4月の)消費増税など心配もあり油断はできないが、全体では良い年になる」と見通した。

引用元:http://www.shinmai.co.jp/news/20140115/KT140115SJI090001000.php

あ、4月から消費税率が上がるんでしたっけ。

記事を比べると随分印象が違いますが。

結果的に プラス になることを願ってま~す。