チャネリングって

チャネリング。って どんな感じなんだろう。。。

きっと、頭の中で第三者の声が聞こえて、話が聞こえて。。。

そんな風に思っていましたし、今も そんな風に思いがち。

だけど、私の場合、第三者の声なんか聞こえなくて

ただ言葉が浮かぶだけ。 そして 雰囲気が浮かぶだけ

だから、文章会話風の時は 分かりやすいけれど、

ヒントみたいに ボソッと言葉が降ってくると、

自分の発想なのか チャネリングなのか なかなか区別が付きません。。。

もっと鍛錬すれば、違う形で受け取れるようなるのかもしれないけれど。

昨日の朝。 諌めるように 降ってきた あの文章。

あの文章は私の発想じゃ思いつかないから、
これはメッセージだ、と気付きやすくて良かったなぁ。

伊勢神宮へ参拝した時。 あの、妙に軽いノリ も分かりやすくて良かったなぁ。

だけど、単語だけ だと。。。

チャネリングなのか どうか、まだ判断出来ない。

先日の伊勢神宮参拝を計画を練っている段階で、
『レンタル自転車』 って単語は 何度も頭を過ぎったけれど。

まさかメッセージだとは思わず、完全にスルーしてました。

もっと早く気づいていれば、バスの時刻表とにらめっこして、1時間以上かけて
「66行程に及ぶ 分刻みの行動計画表」 なんか作らなくても良かったんですよね(笑)

メッセージだったんだ、ということに 昨日の夜、気付きました。

 チャネリングによるメッセージ。

 実は、生活の中で受け取っているけど。

 それをチャネリングだと認識しないで受け取って生活していることが多いんですよ。

そんな話を聞いたことがあります。

実は 沢山のメッセージが送られてきているのかも知れません。

向こうでは、思いが伝わらず歯がゆい思いをしているのかもしれませんね(笑)。

受信できるよう がんばります(って、どう がんばるんだ??(笑))。

今後とも、よろしくお願いいたします。